頭の中のあかない引き出し

毎日ちょっぴりシアワセを

「リバース」を読みました

リバース (講談社文庫)

リバース (講談社文庫)

湊かなえさんの「リバース」を読みました。


主人公の心に今も残る、3年前の悲しい事故について。あるきっかけでその記憶をたどり直すことになり、新しい事実が見えてくる。

ストーリーは、いつものことながら先が気になる流れで、どんどん読める。謎も多く、ワクワクする。

でもそれとは別に、知っている感覚が何度も出てくるのでそこに反応してしまった。

たとえば、理想の自分の扱われ方と現実との違いに折り合いをつけ、適切な居場所を確保していくあの感じ。

たとえば、親友に関する青臭い感情。自分は親友だと思っていても相手はそうではないと感じたり、親友だとしても一番ではないだろうと思ったり、お互いに思っているのに信じられなかったり。そういう不安や劣等感、若かりし頃に自分も少なからず感じたことがある。

湊かなえさんの作品は、読みやすいのに心に長く残る。それはストーリーの面白さはもちろんだけれど、普段わざわざ思い返したりはしないものの確実に知っている感情が、生々しく描かれていて揺り動かされるからかもしれないなと思った。

展開には驚きも何度かあり、面白かった。でも、最近自分が経験したばかりのできごとの記憶のせいで、最後の直前にそのからくりがわかってしまったのがちょっと残念だったかな。あの経験をしていなかったら、きっとラストですごくびっくりしてその衝撃を楽しめたと思うのに。もったいない!


小説を読む時にはできるだけ内容やあらすじを知らないまま臨みたいので、先輩が書いていたレビューは読まず、妹がドラマ版の話をしたがったのも拒否してました。なのでレビューはこれから読ませてもらい、この週末は妹と会えたらドラマ版の話をするつもりです。こういうのも、楽しみのひとつ。

「MM」を読みました

市川拓司さんの「MM」を読みました。

MM

MM

ネットギャリーでご縁があったので、「MM」を読みました。市川拓司さんと言えば「いま、会いにゆきます」が有名ですが、私は過去に手に入れたまま何年も何年も積んでしまっています。

というわけで、初・市川拓司さん作品でした。

以下、ちょっとした感想。


正直、とても感想が書きづらい作品だった。あまり私には合わなかったということなのかも。

15歳の頃のできごとを、5年後の『僕』が思い返しながら語るかたちで物語が進んでいく。そのせいか、ことばも難しくなくするすると読めた。

イメージしていたよりも青春な小説。『会えなくなるとわかっていても、ぼくはきみを守りたかった‥‥。』というコピーから勝手に、何かすごいことが起こってどうしようもなく切ないことになるんじゃないかと思っていたので、ラストはちょっと物足りなく感じてしまった。すごいことは起こったし、切なさもあったのだけど。

何だかさらさらっと読み終えた感じ。余韻があまり残らない感じ。うれしい気持ちや切ない気持ちがそのまま「うれしい」「切ない」と表現されていたかのような、自分なりの捉え方をする余地がない感じ。

主人公が語る洋画や洋楽の知識もまったくなく、そこでも共感できなかった。与えられたものをただただ読んだ、そんな気持ちになった作品だった。

思うに、この作品の素敵さを感じ取れるピュアさが私には欠けているのだろう。仕方ない!

発売前の本を読みました

NetGalley:株式会社出版デジタル機構」(ネットギャリー)というサイトを、ダンナさんが教えてくれました。

発売される前の本を、ゲラ状態のデータで読むことができるらしい。面白そう!

さっそく会員登録。自分のプロフィールを入力後、気になる本を探します。まだベータ版だからか数は少ないですが、ごく限られた中から読むものを選んでみるというのも面白いかもと思いました。

「MM」という小説が気になったので、リクエストを出してみました。承認されればデータをダウンロードして読めるようになるとのことです。

翌日にはもう、承認されたというメールが届きました。データ形式にはいくつか選択肢がありますが、私はAmazonのFireタブレットで読みたかったので、Kindle版をダウンロードすることに。初回なのでいくつか準備が必要でしたが、ヘルプから辿ると丁寧な説明があり、特に戸惑うこともなくダウンロードできました。

本の内容についての感想は別で書こうと思いますが、出版前の本を読めるというのが何だかうれしく、ワクワクしました。

ゲラということで、誤字脱字は多いです(ほかと比較して多いのかはわかりませんが)。文字を追う目がストップしてしまい読みづらい部分もありましたが、過去に校正士の免許を取ったことがあるので、間違いを探すのも楽しかったです。気分が出ました(笑)。

読み終えたら、フィードバックやレビューを送れます。必須ではありません。読み終えなくてはいけない義務もないようです。でももしかしたら、フィードバック率が低すぎると、今後リクエストが通りにくくなっていったりするのかもしれません。

私はというと、発売日前に読み終えたのに、感想を書くのが遅くなってしまっていてちょっと申し訳ない気持ち。近々、書きます。

「蜜蜂と遠雷」を読みました

恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」を読みました。直木賞本屋大賞のダブル受賞で話題になっていましたね。

蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

舞台となるのは、日本で開催される国際音楽ピアノコンクール。出場者の中の数人がクローズアップされて描かれている。彼らそれぞれがそれぞれの事情を抱えながら、いろいろなスタンスでピアノに対峙していて、どれも気持ちがよくわかる。予選から一次、二次、三次、と進んでいくうちにみんなを好きになり、みんなを応援したくなる。

私自身は、ピアノを習っていたことがあるものの『エリーゼのために』止まり、クラシックについての知識も乏しい。かなり分厚い本だし、楽しく読めるんだろうかという不安があったけれど、杞憂だった。

ピアノのコンクールというけっして派手ではない題材にもかかわらず、気がつけばのめり込むように読んでいた。読んでいてドキドキした。涙が出てくる場面もあった。
中には知らない単語もいくつか出てきたけれど、説明がされていたり流れで理解できたりで、特に困ることなく読むことができた。

何より、演奏についての描写が豊かで、読んでいて心地よかった。音楽に景色が見え、音楽に物語を感じる。そういうことが本当にあるんだなあと感じられた。そして、私は文章を読んでいるだけでそれを感じさせてもらっているんだと思うと、感慨深かった。

そして、コンクールの出場者だけでなく他の登場人物たちにも存在感があるというのも、魅力のひとつ。彼らが物語に絶妙にからんでいることで、この作品がより面白いものになっていると思う。

読後感もよかった。私は明石さんが好きだなあ。



リンクのためにAmazonで「蜜蜂と遠雷」を検索したら、全曲集なるものを見つけてしまった。実際に曲を聴きながら読んでも楽しいんだろうなと思っていたから、これは惹かれる。しかも書きおろしの短編小説入りとかずるい…。

『蜜蜂と遠雷』ピアノ全集[完全盤](8CD)

『蜜蜂と遠雷』ピアノ全集[完全盤](8CD)

千葉市動物公園はたのしい

千葉市動物公園に行きました。
もう1ヶ月くらい前ですけど。楽しかったので写真を載せます。

f:id:utsubocoffee:20170613163627j:plain
レッサーパンダ源太くんが動きまわってました。風太くんの孫らしいです。


f:id:utsubocoffee:20170613163741j:plain
風太くんもいた! さすがにお年なのか、じっとしていましたよ。


f:id:utsubocoffee:20170613163841j:plain
山羊。ジャムというのらしい。


f:id:utsubocoffee:20170613163940j:plain
『やってみよう! うんこそうじ』 あまりそそられない企画。


f:id:utsubocoffee:20170613164029j:plain
羊。触ったらゴワッゴワでした。


f:id:utsubocoffee:20170613164553j:plain
ウサギや馬にエサをやれる場所もありました。そのための草やニンジン、お麩などが売られています。長女は気に入って2回もあげていました。


f:id:utsubocoffee:20170613164747j:plain
この子、結婚当初に飼っていたりょーまクンにちょっと似ています。かわいい。


f:id:utsubocoffee:20170613164910j:plain
ちっとも動かないと話題のハシビロコウ先輩。予備知識に反してけっこう動いていたので、ダンナさんはちょっと失望していました。


奥の方には遊具のある広場があったり、ミニ列車(有料)に乗ることができたり、動物たちに飽きても楽しめます。エサをあげられる場所の近くでは、わなげや天然石探しや、名前忘れましたがウォーターボール?だったかな 大きなボールの中に入って水に浮かんで遊ぶものなどもありました。どれも有料ですが、こういうのをすると一気に旅気分になって、気持ちが盛り上がります。我が家の場合ですが。

小さめの動物園というイメージを持っていましたがメジャーな動物もけっこう多くて、こんなのも見られるんだあ♪ とワクワクしました。

f:id:utsubocoffee:20170613165052j:plain
f:id:utsubocoffee:20170613171355j:plain
f:id:utsubocoffee:20170613171409j:plain
f:id:utsubocoffee:20170613171504j:plain
f:id:utsubocoffee:20170613171529j:plain

そうだ zenfone3の初期化をしよう 【後編】

バックアップ

さて、初期化の準備をします。各種バックアップです。

今までは、パソコンにUSBケーブルで繋ぐと、zenfone3の画面に『許可しますか』的なメッセージが出てきていました。OKするとフォルダーを開いてデータのコピペなどができるのです。

しかし、繋いでもこのメッセージが出なくなってしまっていました。どこまでも調子悪いな!

そこで使ったのが Share Link です。ASUSのアプリなのらしく、ASUSの機種である zenfone3 には最初からインストールされていました。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.asus.sharerim
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.asus.sharerim

と思ったら、Playストアから消えてしまったみたい?
(私のAndroidのOSをバージョンアップしたら対応しなくなってしまったようです)


Send Anywhere (ファイル転送・受信) - Google Play の Android アプリ
Send Anywhere が同じような感じで使えると思います。

パソコンの方にもこのアプリをインストールしたら、あとは送りたいファイルを選んで『受信』やら『送信』やらタッチするだけ。Wi-Fiで送るので、パソコンにコードで繋ぐ必要すらありません。フォルダーごと指定できるし、速いし、ラクでした。

ただ、スクリーンショットのファイルに関しては、『:』がファイル名に入っていたために処理が取り消されてしまいました。ファイル名を変えればOKです。

音楽はSDカードに入れてあったのでいじらず、連絡帳はGoogleに紐付けてあったのでこれも特に気にしませんでした。バックアップとったのは主に写真です。

それとLINEね! 前回は iPhoneAndroid の機種変更だったのでトーク履歴は移せませんでしたが、今回は同じ端末での初期化なので移せるはず。バックアップとっておきました。

 いろいろ方法あるみたいですが、私はキープに保存して、それを Share Link でパソコンにバックアップしておきました。

アプリ

アプリも Share Link でバックアップしておけばまたそのまま戻せるような感じだったんですが、いろいろ調べたところ、アプリごとバックアップして戻した場合は、その後に playストアからアップデートできないとか何とかいう情報を見かけたのです。

というわけで、念のため重要なアプリはバックアップをとっておいたものの、結果的には使いませんでした。

その代わり、自分のスマホに入っているアプリの一覧を作ってくれるアプリを利用しました。

 
MyAppSharer - Google Play の Android アプリ

リンクを選び、自分にメールしておきました。各アプリの、playストアへのリンクが作られます。初期化が終わったら、この一覧からどんどんインストールしていけばいいという寸法です。

初期化

さて初期化!

設定→バックアップとリセット→データの初期化 です。

バックアップや復元のチェックボックスはオンにしておきました。

初期化が終わって確認してみたら、ホームボタンもマルチタスクボタンも元に戻っていました! うれしい!
 他の不具合も、すべて直ってました。初期化してみて良かったです。

あとは必要なアプリをインストールして~、LINEにトーク履歴を戻して~、完成♪

そうだ zenfone3 の初期化をしよう 【前編】

スマホの調子が悪くなる

5月に入ってすぐのこと。「みてね」のアプリで写真をアップロードしながら「ポコポコ」のゲームをしていたら、スマホの動作がかなり遅くなり、おかしいな?と思っている内に勝手に再起動してしまったのです。

その直後から、本体下部にあるホームボタンとマルチタスクボタンが効かなくなりました。タッチするとブルッと反応はするものの、どちらのボタンも動作しません。戻るボタンだけで何とかしないといけなくなり、非常に不便な思いをすることに。

ダンナさんに相談したところ、画面にホームボタンを表示しておくことができる機能があるんじゃないかと教えてもらいました。しかしどうやら私の持っている zenfone3 にはそれがなく。

Simple Control というアプリを入れました。


Simple Control(Navigation bar) - Google Play の Android アプリ

戻るボタン、ホームボタン、マルチタスクボタンを、場所や幅を決めて配置できます。普段は隠しておけるし、とても便利で助かりました。これで何とか使っていけると、ホッとしたものです。

でもダメです。不具合がどんどん増えていくのです。

どんどん調子が悪くなる

通知が来なくなりました。音は鳴るのですが、上部のバーにアイコンも出ませんし、上から引き出す通知画面にも一切の通知が出なくなりました。つまり、通知音が鳴っても、何の通知なのかわからなくなってしまったということです。

やがて、通知画面を更に引き出すことで出てくるクイック設定の画面も出てこなくなってしまいました。

Playストアにも不具合が。アプリをダウンロードしたいのに、『保留しています…』と出たっきりいくら待ってもダウンロードしてくれません。

これについては、ダンナさんが解決してくれました。設定>アプリ からPlayストアのアプリを選び、いったん無効にしてから再び有効にします。これでまたダウンロードできるようになりました(またすぐできなくなるんですが)。

最後はGmail。メールを送信しても、『キューに追加しています』と赤字で出るだけ。一向に送信してくれないし、キューにも追加してくれていない感じです。メモリ解放で終了させてから開き直せば送信してくれるのですが、それをしない限りは受信もしないようになってしまいました。

最初の段階から、初期化してみようとは思っていたのです。でも初期化には準備が要るし、今までiPhoneだったのでAndroidの初期化は初めて。慣れていないから、ちゃちゃっとはできないはず。

ゴールデンウィークが明けて、私の仕事がお休みの日にちゃんと時間をとろうと思い、だましだまし使っているうちにどんどん調子が悪くなってしまったのでした。

【後編】につづく!